節電の方法~計画停電に関する情報~

計画停電に関する情報やニュース、節電の仕方などの紹介。計画停電を回避する為にも皆の節電力が必要です。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電の方法~計画停電に関する情報~

東北地方太平洋沖地震後、電力不足による計画停電が行われました。
その後計画停電はなくなりましたが、節電の重要さを実感し、
自己流で実践されている方も多いでしょう。

どうしたら節電できるのか?に関心が高まっているので、
私が知っている節電の方法について掲載していきたいと思います。

みんなの力が発揮されれば夏場でも計画停電をせずに、
電力不足にならない毎日になるはずです。
一人ひとりの節電がとても大事なので、出来る事からはじめましょう。

節電の方法と、計画停電に関するニュースや情報を発信していきますので
ご活用ください。
スポンサーサイト

いよいよ明日から7月です。節電モードで頑張りましょう

限りある電力。を実感させられている今日この頃。
日本はいよいよ明日から本格的に節電の生活に入りますね。
311以降、皆が意識して過ごしてきたわけですが、暑い夏に突入ということで
不安もいっぱいではないでしょうか?
やってみなければわからない。のかもしれないけれど、皆で協力して頑張りたい所です。
ドラゴンボールの元気玉みたいですね☆

電力不足回避へ「使用制限」=1日に37年ぶり発動―需給逼迫時は計画停電もhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110630-00000104-jij-pol
 東日本大震災の影響による夏の電力供給不足が懸念されるため、政府は1日、東京電力と東北電力の管内で、大口電力ユーザーに15%の節電を義務付ける「使用制限」を発動する。電気事業法に基づく措置で、第1次石油ショックを受けて発動した1974年以来37年ぶり。中小企業や一般家庭にも15%の節電を呼び掛け、大規模停電を回避する。
 使用制限の対象は大規模工場やオフィスビルなど大口ユーザー約1万8500件。制限は平日の午前9時~午後8時。期限は東電が9月22日まで、東北電が同9日まで。故意に違反すれば100万円以下の罰金が科される。震災の避難所などを除外するほか、病院や鉄道などは節電義務を10%以下に緩和する。
 工場は夜間操業や輪番休業、オフィスはエアコンの温度を高めに設定するといった対応が進められている。
 政府は、電力の供給余力が3%を割り込む見通しとなった場合は「電力需給逼迫(ひっぱく)警報」を発令。さらに、電力不足が避けられないと判断すれば、地域ごとに電力の供給を一時ストップする「計画停電」を実施する。 

HomeNext ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。