節電の方法~計画停電に関する情報~

計画停電に関する情報やニュース、節電の仕方などの紹介。計画停電を回避する為にも皆の節電力が必要です。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節電の方法~計画停電に関する情報~

東北地方太平洋沖地震後、電力不足による計画停電が行われました。
その後計画停電はなくなりましたが、節電の重要さを実感し、
自己流で実践されている方も多いでしょう。

どうしたら節電できるのか?に関心が高まっているので、
私が知っている節電の方法について掲載していきたいと思います。

みんなの力が発揮されれば夏場でも計画停電をせずに、
電力不足にならない毎日になるはずです。
一人ひとりの節電がとても大事なので、出来る事からはじめましょう。

節電の方法と、計画停電に関するニュースや情報を発信していきますので
ご活用ください。
スポンサーサイト

火力発電所の復旧などにより、東電5000万キロワット確保

火力発電所の復旧で5000キロワットの供給が可能になったそうです。
供給量が増えた事に安心せず、今と変わらぬ節電の意識と行動を保つ必要があるでしょう。
今までが電気を使いすぎていたのだと実感している人は多いようです。
もちろん私も含めて・・・。
電気はもちろん、水も含めて大切に使って行きたいものですね。

東電5000万キロワット確保=火力復旧で―政府に報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000105-jij-pol
枝野幸男官房長官は15日午後の記者会見で、東京電力から同日、東日本大震災の影響で運転が止まっていた火力発電所の復旧などで電力供給量が500万キロワット増え、管内で合計5000万キロワットの供給量を確保できる見通しになった、との報告を受けたことを明らかにした。
 枝野長官によると、火力発電所の復旧のほか、老朽化が進んでいる火力発電所の夜間運転で水力発電を活用できるようになった。
 枝野長官は東電に対し、安全性に万全を期すとともに、供給量の一層の上積みに努力するよう求めた。

節電・計画停電に関するホームページや連絡先

節電や計画停電に関する情報を得られるYahooのホームページのリンクと
東京電力のHP、計画停電についての問い合わせ先電話番号を掲載します。


■節電・計画停電情報
http://setsuden.yahoo.co.jp/

■節電の心得
http://setsuden.yahoo.co.jp/knowledge/

■東京電力
http://www.tepco.co.jp.cache.yimg.jp/index-j.html

■計画停電に関する問い合わせ先
0120-925-433

停電中の冷蔵庫 中身を持たせるアイディアの記事

停電中に冷蔵庫の中身が傷まないか心配ですよね。
冷蔵庫の中身を持たせるために役立つ情報が掲載されていたので引用しておきます。
今はまだ暑くないので、大丈夫ですがこれから暑くなってくることを思うと心配です。
ひとつでも多く知恵をつけておくと安心ですね!

停電中に冷蔵庫の中身を持たせるには保冷剤とタオルが重要
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110317-00000008-pseven-pol
大震災の影響で始まった計画停電。会見では4月いっぱい実施予定といっていたが、そんな矢先に福島の原発が危機的な状況となっていることを考えると、長期化する可能性は非常に高い。主婦がいちばん心配するのが冷蔵・冷凍庫の中身。節約アドバイザーの矢野きくのさんがこうアドバイスする。

「停電前に保冷剤を凍らせたり、氷をたくさん作ったり、保冷バッグを用意しておきましょう。特に気になる生鮮食品は、保冷剤で保存したい食品をはさみ、さらにタオルなどで巻いて冷凍庫にいれて開けないようにします。いまの季節、3時間程度の停電なら、これでまず大丈夫ですが、心配なら、さらに保冷バッグに入れてから冷凍庫へ」

また、住宅ライター・アドバイザー&コラムニストの藤原千秋さんもこう話す。

「冷蔵庫も冷凍庫もなるべく開閉を少なくすること。停電中でなくても、節電になります。それから、冷蔵庫のいちばん上の棚に保冷剤をいれておくと、冷気が下におりていくので、停電中に温度が上がるのを避けることができます」

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。