節電の方法~計画停電に関する情報~

計画停電に関する情報やニュース、節電の仕方などの紹介。計画停電を回避する為にも皆の節電力が必要です。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待機電力の節電(コンセントを抜きましょう)

コンセントを抜きましょう。



待機電力を節約するためにも、使わない電化製品のコンセントは
抜いておくと良いでしょう。
差したり抜いたりが面倒な場合、スイッチ付きの延長コードを
使う事で少しだけ楽に節電ができます。

待機電力とは?
待機電力(たいきでんりょく)あるいは待機時消費電力(たいきじしょうひでんりょく、Stand-by power)とは、コンセントに接続された家電製品が、電源の切れている状態(待機時)で消費する電力のこと。代表的な例として、リモコン入力等の操作に備えて待機するオーディオ・ビデオ製品や、給湯器、エアコンなどがある。2007年時点で、日本の一般家庭における待機電力は一世帯あたり平均年約180KWhとされており、これは年間の電力消費量のほぼ1ヶ月分に相当する[1](但し、冷蔵庫、電話機、警報機など、使用電力と待機電力の区分の不明確な製品も多く、その割合は見方により大きく変動する)。
待機電力は、家電製品によっては数ワットに及ぶものもあるが、最近の家電新製品(特に日本製)は省エネルギー化が進み、待機電力も見直されて低く抑えられているものが多い。
引用元:Wikipedia

≪ エアコンの節電方法ホーム冷蔵庫の節電方法 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。