節電の方法~計画停電に関する情報~

計画停電に関する情報やニュース、節電の仕方などの紹介。計画停電を回避する為にも皆の節電力が必要です。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画停電で消えるネオン

必要以上に電気を消している場所もある気もしますが、
無くても良かった?と思うようなネオンなどは多かったのかも。
と思う今日この頃です。
節電しなくてはいけない状況は暫く続くと思いますが、
こういう時期が過ぎても継続して電気を大切にするようにしたいものですね。

計画停電で消えるネオン「これでちょうどいい」!?
zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110401-00000008-rnijugo-soci
計画停電の実施により、電気のありがたみを改めて確認させられている関東地方の住民たち。ネオンや看板なども光度が落とされるなか、「今までが明るすぎたのでは?」という声が各所から上がっている。

Googleのブログ検索およびリアルタイム検索に「ネオン」と入力すると、数多くの人がそのような感想を抱いており、

「なんとなく寂しいです(o´_`o)」
「街のネオンが消えて無駄が無くなる事はいいことだが、早く活気ある東京に戻ることも、復興への道だと思う」

という、「元に戻れ派」は限りなく少数派。3月29日にツイッターやブログで述べられた「ネオン関連」の意見を拾い集めると、

「これくらいでちょうどいいよ」
「むしろこの方が落ち着く」
「『街に活気がなくなった』と思う一方で、ふと『みんな、本当はもっと前から、こうしたかったんじゃないかな』と思ったりもする」
「いままでが明るすぎた」
「今までが使いすぎだったと思いますね」
「いいことですよね」
「歓楽街のネオンよりもむしろ自販機かも? これは設置した事のある人なら分かるが 物凄く電気代がかかる」
「(ネオンは)政府主導で厳しく指導・管理する必要がある」

と、「今までが明る過ぎた」という意見が大半を占めている。福島の原子力発電所だけでなく、太平洋沖の火力発電所の多くも依然止まったまま。今後の電力の使い方について、改めて考える必要があるだろう。

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

≪ 新潟 県の節電実験、目標上回り17%の削減ホーム節電・計画停電に関するホームページや連絡先 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。