節電の方法~計画停電に関する情報~

計画停電に関する情報やニュース、節電の仕方などの紹介。計画停電を回避する為にも皆の節電力が必要です。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟 県の節電実験、目標上回り17%の削減

新潟で大規模な節電実験が行われた。
15%節電が目標の所、企業や住民の協力によって17%も節電できたそうです。
皆の小さな力が合わさって、大きな力になった証ですね。
他の県でも同じような節電実験を試みて見るのも良いかもしれませんね。
どれくらい皆が頑張れば、トータルでどれくらいの節電になるのか?
漠然と節電に励むよりも更なる効果が期待できるようになると思います。

東日本大震災:県の節電実験、目標上回り17%の削減 企業や県民の協力で /新潟
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000139-mailo-l15
企業や家庭などに呼びかけて13日午後5~7時に初めて試みた節電実験「ピークカット15%大作戦」の結果について、県は14日、1年前の同じ水曜日だった4月14日の同時間帯と比べて消費電力を17%(約40万キロワット)削減することができ、目標の15%を上回ったと発表した。工場の操業停止やアーケードの消灯などのほか、自宅で家族が一つの部屋で過ごして電気使用を抑えるなど、県民の協力が目標達成につながったという。
 東北電力がまとめた数値によると、ピークカット時間帯の消費電力量は、午後5~6時が195万キロワット、同6~7時が200万キロワットで、同5~7時の平均は198万キロワットだった。10年4月14日の午後5~7時の平均238万キロワットより40万キロワットの削減となった。
 前日12日の同時間帯(平均215万キロワット)と比べても、13日の消費電力は17万キロワット減った。12日の時点でも、東日本大震災以来の節電が県内各地で進められ、電力使用は既に昨年より9~10%削減されていた。ピークカットによってさらに削減率を17%まで高めることができ、実験で一定の効果が確認された。
 また昨年の電力使用のピークは午後6~7時だったが、今回の実験では同3~4時がピークだったことが分かり、電力使用の山をなだらかにすることができたという。
 県は2回目の社会実験を27日午後6~8時に行い、引き続き節電が定着するよう、県民に協力を求める。
 ピークカット大作戦は、東北電力が夏に計画停電を実施する可能性を残していることから、回避の手段として県が呼びかけた。ただ、現実に計画停電を避けるためには、本県だけの節電努力では限りがある。県は今後、社会実験の結果を検証しながら、山形、秋田、青森県など同社管内の他県にもピークカットの取り組みを提案するという。

≪ 火力発電所の復旧などにより、東電5000万キロワット確保ホーム計画停電で消えるネオン ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Home

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。